司法書士の代理権の業務範囲に関する最高裁判決について

平成28年6月27日最高裁判決について

 最高裁は平成28年6月27日の判決で、司法書士の代理権の業務範囲(140万円以内)について基準を示しました。

 最高裁判決では、司法書士の代理権業務の範囲を「各貸金業者が主張するそれぞれの請求金額」で判断すべきであると結論づけました。
本判決により、今までの私どもの運用が適法であったことが改めて追認され、簡易裁判所、各貸金業者および各顧問弁護士ともに、本判決後も、これまでどおり適法な 運用が継続されることを確認しております。

 私どもは、25万人を超えるご依頼をいただき、裁判実務に従い、本判決と同様の考え方で適法に業務を行ってまいりました。
よって、これまでご依頼いただいたお客様のお手続きおよび今後のお手続きに、何ら影響はございません。

私どもは引き続き、これまでと同様に、適法に業務を継続してまいりますので、関係各位の皆様におかれましては、ご安心いただければ幸いです。

司法書士法人 新宿事務所

お電話でも受付いたします(フリーコール)
0120-10-20-30
女性のお客様専用フリーコール
0120-70-80-90
24時間受付 年中無休 全国対応