過払い金返金期限

過払い金返金期限

過払い金返金には10年という期限があります。

10年間という時効が経過してしまうと、過払い金返金請求の権利が消滅してしまいます。逆に言えば、完済されてから10年経過していない限りは、過払い金返金請求ができることになります。「昔、消費者金融やカード会社で借金をされたことがある」という人は、必ず調べてみてください。

一方、10年以上も借り入れと返済を継続されている場合も、新しい借り入れは昔の過払い金の弁済と認識されますので、この場合は消費者金融と取引が続いている限り、過払い金返金請求の権利は消滅しません。

若手アイドルや子犬が出演する消費者金融のテレビCMを一度はご覧になりましたよね。キャッシング利用者は1400万人以上もいると言われていますので、過去にお金を借りたことがある人も多いハズ。過払い金返金請求が可能か、ご相談だけでもされることをおすすめします。

>>過払い金の信用情報について

お電話でも受付いたします(フリーコール)
0120-10-20-30
女性のお客様専用フリーコール
0120-70-80-90
24時間受付 年中無休 全国対応