過払い金無料診断借金整理の無料相談は司法書士法人 新宿事務所

メニュー

新宿事務所
お手続き中のお客様専用ダイヤル 0120-10-20-30 受付9:00-22:00

任意整理とは

任意整理

メリット
  • ●催促の電話がストップ

    任意整理をすることで、貸金業者(消費者金融など)からの支払い(返済)催促の電話がすぐにストップします。

  • ●将来の利息がカット

    複数の消費者金融から借り入れがあり、利息の支払いが重くのしかかっている方は、任意整理をすることで、将来支払うはずの利息がカットされます。

  • ●払い過ぎた利息が返ってくる

    任意整理をすることで、払い過ぎたお金が戻ってくる可能性があります。

デメリット
  • ●新たな借り入れができない

    任意整理をすることで、5年程度はブラックリスト(信用情報)に載ってしまうため、新たな借り入れができなくなります。

  • ●強制的な借金の免除ではない

    裁判手続きである自己破産などのように借金の全額もしくは一部が強制的に免除されるわけではありません。

矢印

借金整理にはデメリットもありますが、
実はメリットのほうが多いのです。

任意整理をすることで、5年程度、貸金業者からお金を借りられなくなりますが、これをデメリットと考えるのではなく、メリットと考えてください。

『消費者金融から、強制的にお金を借りることができないというメリット』です。
最近では、消費者金融は自主的に金利を、年利15%~20%に引き下げていますが、この年利15%~20%という金利も尋常でない金利なのです。
まずは、お金を借りない手段を考えるべきです。

色々なご事情があるのは承知しておりますが、銀行預金の利息が0.001%の時代に、15%~20%の金利でお金を借り続けるのはとても無謀なことなのです。
任意整理の交渉はすべて司法書士法人 新宿事務所が行いますので、まずは任意整理の無料相談にお問い合わせください。

任意整理をする際の依頼先選びのポイント

  • 任意整理をすることで、過払い金をどのくらい取り戻してくれるのか?
  • 任意整理をすることで、借金をどのくらい減らしてくれるのか?
  • 任意整理をすることで、重い将来利息をどのくらい減らしてくれるのか?
  • 任意整理について安かろう、悪かろうの交渉内容ではないか?
  • 任意整理依頼から、業務完了まで迅速に処理してくれるか?
  • リラックスして任意整理の相談ができるか?
  • 真剣に任意整理を希望されるあなたと向き合えるか?

あなたの今のお悩みは何ですか?

あなたの今のお悩みは何ですか?

なぜ任意整理をするのか?

それは、ズバリ借金を減らしたいからです。
借金を減らすには、どうすれば良いのでしょうか?
任意整理で借金を減らす方法としては、下記の2つの方法があります。

  • 金利の引き直し
  • 借金減額交渉

■「金利の引き直し」とは
本来、貸金業者は年利15~20%でしかお金を貸すことができません。
しかし、“借りる人の任意により”年利20%~29.2%で貸していたケースが多々あります。
任意に払っていた20%を超えた利息を、過去に遡って本来の15~20%の利息に修正し、借金を減らす方法を「金利の引き直し」といいます。
上限年利15~20%以下で借りていた場合には、金利の引き直しでは借金を減額させる事ができません。

■「借金減額交渉」とは
上限年利15~20%以下で借りていた場合に、貸金業者に借金の総額を減らしてもらうよう直接交渉することをいいます。


いずれにせよ任意整理は、貸金業者の了承が必要となります。
貸金業者も「まったく回収できないより、小額でも回収できたほうがいい」と判断して、減額に応じてくれるケースも多いのです。
このように「金利の引き直し」や「借金減額交渉」を行って、5年以内に借金を全額返済できるようにします。


任意整理を行った結果、必要以上の金額を貸金業者に支払っていたことが判明するケースがあります。
この場合、貸金業者から、逆に払い過ぎた利息を返してもらう手続きを行います。
これが、過払い金返金請求です。
「払い過ぎていた」場合には、借金がなくなり、さらにお金が戻ってきます。
すぐに無料相談することをお勧めします。

任意整理をすると

任意整理をすると借金が減額され、約定の利息が0%になる可能性が高くなります。

司法書士法人 新宿事務所が、多くのお客様の借金問題のご相談をいただいた中で感じたことは、「ずっと前から任意整理という手続きを知っているのに、あと一歩前に踏み出せず、借金と年利20%以上もの高金利を支払い続けている方々が、100万人以上もいるというやるせない事実・・・」です。

多重債務の問題は、司法書士にご依頼されることで、解決する方法はいくらでもあります。とにかく、「任意整理の手続きは、司法書士に最初に電話する際の不安さえ乗り越えればあとは楽です。 逆に、手続きを先延ばしにして、本来ご自身の人生設計や子供の教育費に使うべき貴重なお金を無限連鎖のような高金利の支払いに当て続けるのは、一生の後悔!」といっても過言ではありません!

任意整理の7つの疑問???

1. 貸金業者からの嫌がらせはありますか?

→代理人がついている限り、基本的にそういうことはありません。

2. 貸金業者からの督促電話は止まりますか?

→本当に止まります。(金融庁からの通達で督促をしてはならないと定められています。)

3. 貸金業者への支払いはどうすればいいですか?

→お手続きに入るときに支払いを止めていただき、和解後に、新たに取り決めた支払い計画(毎月の支払額・分割回数)にしたがってお支払いいただきます。お手続き開始から、平均で約半年後からのお支払いとなります。

4. 職場・地元・恋人に秘密で借金を解決できますか?

→秘密で手続き可能です。多くの方が秘密にされたままお手続きを終えています。

5. 自己破産ではない借金の解決方法はありますか?

→任意整理こそが、その方法となります。

6. 一部の業者とだけ任意整理をすることができますか?

→保証人が付いている借金や、車のローン、住宅ローンを除いて、手続きをすることが可能です。また、財産を処分する必要もございません。

7. 任意整理とブラックリストの関係性を教えてもらえますか?

→ブラックリスト相談ガイドをご参照ください。

お手続き中のお客様専用ダイヤル
通話無料  年中無休  9:00-22:00

0120-10-20-30
お手続き中のお客様専用ダイヤル
通話無料  年中無休  9:00-22:00
0120-10-20-30