司法書士法人 新宿事務所

メニュー

新宿事務所
お手続き中のお客様専用ダイヤル 0120-10-20-30 受付10:00-19:00

借金整理(債務整理)とは

借金整理(債務整理)とは

借金整理(債務整理)=借金の額を減らし、重い金利負担から解放される手続きです。

借金整理(債務整理)には「過払い金返金請求」「任意整理」「自己破産」「個人再生」「特定調停」があり、どの方法で借金整理(債務整理)を行うかは、お客様の置かれている状況によって変わります。

過払い金返金請求

「過払い金返金請求」とは、貸金業者に払い過ぎた利息(過払い金)を取り戻す方法です。現在借金をしている方だけではなく、既に支払いを終えている方も対象となります。ただし、支払いを終えている方の場合、過払い金返金請求ができるのは、借金を払い終えた日から10年間という期限があります(例えば、2007年3月30日に借金を完済した場合、時効は2017年3月30日となります)ので、心配な方は早めに司法書士や弁護士にご相談ください。

任意整理

「任意整理」とは、裁判所を通さずに貸金業者と交渉して借金を減額する方法です。貸金業者と交渉することで「借金の減額」や「将来の利息をカット」し、無理のない返済計画に沿って、3~5年以内に借金を全額返済できるよう目指します。支払い(返済)催促の電話がすぐにストップするのも特長です。

自己破産

「自己破産」とは、裁判所に“この人は支払い不能状態である”と判断してもらうことで、借金が免除になる方法です。借金が免除になる反面、マイホームなどの価値のある財産(原則20万円以上)が処分される場合や、一定期間新規のお借り入れやクレジットカードが作れなくなる、などのデメリットもあります。

個人再生

「個人再生」とは、裁判所に申し立て、借金を減額してもらう方法です。個人再生を行うためには「借金をしているのが個人であること(会社や法人ではなく)」「今後、継続した一定の収入があること」など、いくつかの条件があります。マイホームは手放したくないという場合に対応出来る方法としても知られています。

特定調停

「特定調停」とは、司法書士や弁護士を通すのではなく、裁判所に仲裁してもらい、貸金業者と話し合うことで借金を減額する方法です。費用も安いため、司法書士や弁護士に依頼するお金がない方には便利といえます。ただし「調停の日に必ず裁判所に行かなければならない」「返済計画通りに返済できない場合、直ちに給料などを差し押さえられる恐れがある」「遅延損害金を請求される可能性がある」などのデメリットもあります。

お手続き中のお客様専用ダイヤル
通話無料 10:00-19:00(土日祝日除く)

0120-10-20-30
お手続き中のお客様専用ダイヤル
通話無料 10:00-19:00(土日祝日除く)
0120-10-20-30

ブラックリストとは、信用情報とは

実際には、「ブラックリスト」というリストは存在しませんが、「信用情報機関」にネガティブな情報(貸倒れや延滞などの事実)が登録されている状況が、「ブラックリストに載る」と表現されています。

かつては過払い金の返金請求を行うと、各信用情報機関に履歴が残されていました。しかし、現在では借金を払い終えてからの過払い金返金請求は、信用情報に登録されなくなったため、安心して請求することができるようになりました。

職業別の借金整理手続き

公務員、サラリーマン、タクシーやトラックの運転手、自営業など。借金整理を行う際、ご職業によってそれぞれ気を付けなければならないポイントがありますのでご確認ください。

お手続き中のお客様専用ダイヤル
通話無料 10:00-19:00(土日祝日除く)

0120-10-20-30
お手続き中のお客様専用ダイヤル
通話無料 10:00-19:00(土日祝日除く)
0120-10-20-30